本文へ移動

ご検討のポイント


ちょっと待って!!
 遺品整理は適切な許認可を
取得している業者に依頼しましょう
 
ヤマダ産業はほとんど全ての許可を取得しています。
(営業エリア内に限る、火薬等扱えない物もあります)

ヤマダ産業の特徴

遺品整理業者の中には一般廃棄物収集運搬許可を有していない業者も含まれます。
遺品整理を行って処分すべき廃棄物が出た場合、基本的に各自治体の廃棄物処分場で処分しますが、各自治体に
排出するには一般廃棄物収集運搬許可が必要なのです。

そこで、多くの遺品整理業者は一般廃棄物収集運搬許可を所持している業者と提携して廃棄物を処分するので、
提携業者に支払う料金を上乗せする場合があります。

ヤマダ産業株式会社では、埼玉県西部を中心とした12市町の収集運搬許可を取得していることに加え、
遺品整理士認定協会優良事業所に認定されていますので、
遺品整理・廃棄物の収集運搬・廃棄まで自社単独で行うことができ、最終的にはコストを抑えることができるのです。

他社との比較

ヤマダ産業
A社
B社
基本料金
車両・人工代含
無料見積
依頼者様立ち合いの上、室内汚損状況・分別すべき遺品量・廃棄物量を確認の上、納得の料金提示
無料見積
室内状況等を確認
別途廃棄物収集運搬業者に委託するための確認
 
無料見積
室内状況を確認
(全量を産業廃棄物として処分するので分別を行わない場合も また不当に低額の場合も)
廃棄物廃棄処分代
廃棄物量による
(実施する住所地により処分費が異なる)
廃棄物量による
(廃棄物処分代金にも処分業者の利益が加算されている)
廃棄物量による
(全てを産業廃棄物するので高額)
お客様依頼事項の周知
ほとんどの現場でヤマダ産業の正社員が行うため、ご依頼事項の周知徹底が図れる
責任者以外は協力業者なので、ご依頼事項の確認が大切

現場ごとの雇用契約なので、責任者と作業者の意思疎通がむつかしい。
オプション
別途  ※
別途  ※
別途  ※
※オプション内容
お焚き上げ(宗教的感情物件)
荷物運送(使用する家具等の別場所への運送(規定エリアあり))
特殊清掃(孤独死現場含む)
消臭作業(オゾン脱臭機器使用による消臭)
リフォーム(床・壁紙等希望に応じたリフォーム)

遺品整理業務の流れ

1.お問い合わせ
2.現場でお見積り
3.ご成約お打合わせ
4.ご近所挨拶(作業内容、ご希望による)
5.作業実施  遺品整理、廃棄物処分
6.清掃・ハウスクリーニング
7.完了・代金お支払い

事例紹介(特殊現場)

before
after
ご不幸にもお亡くなりになった特殊現場の遺品整理・廃棄物収集運搬・特殊清掃を行った現場です。
TOPへ戻る